CARAN カラン 京都のお洒落な照明屋さん

マイページ お買い物ガイド 会員登録
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

PAGE TOP

蛍光灯は、発光効率に優れていて省エネルギー性能が高く、演色性にも優れています
蛍光灯は、発光効率に優れていて省エネルギー性能が高く、演色性にも優れています

ほとんどのご家庭で、特にリビングなどの広い部屋の照明器具として、シーリングライト 蛍光灯が使われていることと思います。シーリングライト 蛍光灯は、発光効率に優れていて省エネルギー性能が高いですし、モノの見え方が、そのものの色に近く、いわゆる演色性(カラーレンダリング)にも優れています。また、蛍光管そのものも、安価でスーパーなどで手に入りますので、球切れの対応も簡単です。まさに、いいことずくめの照明器具ということが出来るでしょう。この様な理由で、日本の一般家庭に広く普及したものと考えられます。球切れの場合の対応としては、照明器具ごと交換する必要はなく、蛍光管だけを交換すれば大丈夫です。しかも、蛍光灯のサイズや出力は規格で定められていますから、どのメーカーのものでも互換性が確保されています。従って、パナソニックのシーリングライト 蛍光灯の器具に、東芝製の蛍光管を取り付けるといった事でも全く問題ありません。シーリングライト 蛍光灯の球切れの場合には、お近くのスーパーやコンビニエンスストアなどで蛍光管を買ってきて、既存のものと交換すればよいのです。この辺りの手軽さも、シーリングライト 蛍光管ならではのメリットでしょう。

交換はとても簡単で、自分でDIYで出来ます
交換はとても簡単で、自分でDIYで出来ます

シーリングライト 蛍光灯は、今ではほとんどのご家庭に普及している、一般的な照明器具だと考えられます。シーリングライト 蛍光灯は、白熱電球に比べて昼白色など、色の見え方が素直ですし、長時間使っても熱くならず、消費電力も少ないなど、メリットの多い照明器具です。日本は、世界の中でも省エネルギーに対する取り組みが進んでいますから、このようなかたちでシーリングライト 蛍光灯の様な省エネルギー型照明器具が普及したのでしょう。しかし、長年使っていると、シーリングライト 蛍光灯も傷んできます。そこで、リニューアル交換となるケースが多いと思われますが、交換はとても簡単で、自分でDIYで出来ます。まず、天井に付いている照明器具用のコンセントに、シーリングライトに同梱されているシーリングライト取り付けソケットを固定します。固定は、ソケットに付いているツメを引っ掛けるだけなので、工具などは一切必要ありません。取り付けソケットを固定したら、次はシーリングライト本体を固定ソケットに取り付けます。これも、ツメを引っ掛けるだけの簡単作業ですから、問題ないと思います。次に、シーリングライト本体と、シーリングライト固定ソケットの配線をつなげば完成です。

通常の使用状態であれば、10年は持つという長寿命の新しい照明器具です
通常の使用状態であれば、10年は持つという長寿命の新しい照明器具です

最近は省エネルギーに対する取り組みが進んできていて、家庭のシーリングライトについても、ほとんどのケースではシーリングライト 蛍光灯になっているのではないでしょうか。少し前なら、白熱電球というご家庭も多かったと思われますが、最近ではほとんど見かけなくなりました。家電量販店でも、白熱電球の照明器具を扱っているところは少ないでしょう。白熱電球は、長時間使うと熱くなりますし、なにより消費電力が多いですから、エコロジーに向かないところがあります。そこで、蛍光灯が登場して、安価になってからは家庭の照明器具のほとんどが蛍光灯器具に変わったという流れです。ところが、ここ最近は、蛍光灯よりも省エネルギー性能に優れた製品が開発されて販売される様になりました。それは、LED照明器具です。LED照明器具は、その消費電力が蛍光灯の三分の一から四分の一と、信じられないほどの省エネルギー性と、通常の使用状態であれば、10年は持つという長寿命の新しい照明器具です。まだ少し器具代が高いため、今すぐにシーリングライト 蛍光灯からリニューアルする必要はありませんが、今使っている蛍光灯照明器具が壊れたなど、交換の必要が出てきた場合には、LED照明器具を検討してみるとよいでしょう。