CARAN カラン 京都のお洒落な照明屋さん

マイページ お買い物ガイド 会員登録
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

PAGE TOP

LEDタイプの消費電力は、蛍光灯タイプの三分の一から四分の一程度
LEDタイプの消費電力は、蛍光灯タイプの三分の一から四分の一程度

現在、各社家電メーカーから発売されているシーリングライトのほとんどはLEDタイプの光源となっています。少し前までであれば、省エネルギー照明器具と言えば蛍光灯でしたが、現在ではそれが全てLEDタイプに置き換わっています。日本の住宅で最も普及しているシーリングライトにおいても、ほとんどがLEDタイプとなっています。シーリングライト 価格は、LEDタイプの発売当初はLEDタイプの方が高価でしたが、現在ではシーリングライト 価格差が、小さくなってきています。これは、中国の大規模な工場で、安定して大量のLEDを生産できるようになったためで、発売当初は5万円から10万円近くのシーリングライト 価格でしたが、今では3万円前後が相場となってきています。また、安いものの中には、1万円台や1万円を割り込む価格設定となっているものもありますので、かなり手が届きやすくなってきています。LEDタイプの消費電力は、蛍光灯タイプの三分の一から四分の一程度ですから、多少のシーリングライト 価格差は、毎月の電気代で回収できてしまいます。これからシーリングライトのリニューアルを考えている方は、ぜひLEDタイプを検討されてみてはいかがでしょうか。

モノの色の見え方、発色性が高いものほど価格が高くなります
モノの色の見え方、発色性が高いものほど価格が高くなります

シーリングライト 価格については、そのバリエーションの多さに従って、かなり幅があると言えます。シーリングライトは、もはや日本の住宅では最も一般的な照明器具で、光源は蛍光灯か、今ならばLEDもラインナップされています。シーリングライト 価格的には、まだ蛍光灯よりLEDの方が少し高いと言えますが、少し前に比べると価格差は小さくなってきています。これは、製造工程によるもので、今は中国で安価に量産出来るようになりましたから、LED型のシーリングライト 価格も安くなってきています。このほかにシーリングライト 価格の差を生む要因としては、大きさがあります。一般的には、四畳半タイプから十二畳タイプ程度まで幅広く種類豊富にありますが、大きくなればなるほど、シーリングライト 価格も高くなると言えます。これ以外の要因としては、シェードのデザインが挙げられます。シーリングライトは、通常プラスチックのカバーが取り付けられていますが、デザイン的に凝ったものだと、価格が高くなる傾向にあります。更に、LEDタイプのシーリングライトの場合には、演色性と言ってモノの色の見え方、発色性が高いものほどシーリングライト 価格が高くなります。

現行モデルと最新モデルの性能差は小さい
現行モデルと最新モデルの性能差は小さい

今では、シーリングライトでもLEDタイプが一般的になってきました。数年前まではほとんどが蛍光灯タイプの光源でしたが、今は逆にほとんどがLEDタイプの光源となっています。発売当初は蛍光灯タイプよりLEDタイプの方がシーリングライト 価格が高かったのですが、今ではほとんど変わらない程度までシーリングライト 価格差がなくなってきています。では、発売されてから価格が安定するまで、つまり価格がこなれてくるまでには、どの位の時間がかかるのでしょうか。さまざまな考え方がありますが、一般的には次のモデルが発売される、6ヶ月程度後には価格的にこなれてくると考えられます。これは、多くの家電メーカーが、半年程度でニューモデルを投入してくる関係で、ニューモデルの登場と同時に、現行モデルは価格がこなれてくるためです。このため、最新型のシーリングライトでなくても良いという方は、半年程度待ってシーリングライト 価格がこなれてきてから購入されると安価に手に入れる事が出来るという事になります。大抵の場合は、現行モデルと最新モデルの性能差は小さいですから、最新モデルではないからといって困る事はないと考えられます。購入の参考にしてください。