CARAN カラン 京都のお洒落な照明屋さん

マイページ お買い物ガイド 会員登録
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

PAGE TOP

シーリングライトとLED照明の違いとは?
シーリングライトとLED照明の違いとは?

シーリングライトとled照明との違いはたくさんあるのですが、メリットがある点で大きいのは、消費電力が少ないということです。LED照明の消費電力は 一般的な電球やクリプトン電球と比較すると、電力消費量は、約5分の1から8分の1といった程度に電力使用量が低減し、とても省エネな製品であるという ことが出来ます。また、led照明は発熱量も少ないのがメリットです。シーリングライト等の旧来の照明であれば点灯していると電球が発する熱のために室内 の温度がどんどんと上昇していって室内がとても暑い状況になってしまいますがled照明であれば、発熱量が少なく、室内温度の上昇を少なくすることが出来 ます。オフィスなどのたくさんの照明を使用するところで電球をled化してしまえば、夏場の暑さの問題を解消できる可能性がありま宇。また、led照明はと ても長寿命で頻繁に電球を変える必要がありません。通常の電球と比較すると10倍程度の使用時間を有しているので、電球が切れて困ってしまうという事 態がそうそうおこりません。一度設置してしまうと何年もメンテナンスフリーで行くことができるので、高所作業が必要な電球の取り換え作業を軽減するこ とが出来ます。

LEDシーリングライトを買う時に注意した方が良いこととは?
LEDシーリングライトを買う時に注意した方が良いこととは?

ledシーリングライトを購入する際には注意するべき点があります。ledシーリングライトにも機能が様々です。ledシーリングライトの機能で調光機能があ り、明るさを何段階にも変えることが出来る機能や、明かりの色合いを暖色系の光にするのか、白い色の光にするのかを選択することが出来る機能を備えた ものもあります。こういった機能は低価格の商品には備えられていない場合があるので、可能な限り高機能が供えられた商品を選ぶ方が長く使用することが 出来ると言えます。またledは通常のシーリングライトよりも重量が重くなるので可能な限り軽い製品を選択することがベストです。家の構造によっては天井 を補強しなければいけなくなる場合もあるので、照明は極力軽い商品を選ぶ必要があります。そして、ledシーリングライトは、様々な機能を持ち合わせてい るだけに操作するリモコンも操作性の良いものを選ぶ必要があります。機能が多い分、操作が複雑になる製品もありますが、設定が簡単であったり、頻繁に 使用する機能が最も使いやすい位置に設置されている製品を選ぶことも重要です。

Led シーリングライトの取り付け方について
Led シーリングライトの取り付け方について

ledシーリングライトの取り付けに関しては、天井に設置されている接続口の形状をまず確認する必要があります。天井の照明の接続口が、「丸型フル

 引掛シーリング」「フル引掛ローゼット」「角型引掛シーリング」「丸型引掛シーリング」「引掛埋込ローゼット」「引掛露出ローゼット」と呼ばれる

 シーリングライト用の接続口が設けられている場合であれば、ledシーリングライトを購入しても、接続口に引っ掛けるように接続するだけなので、個人でも 設置することが出来ます。逆にこのようなシーリングライト用の接続口が初めからもうけられていない場合は工事をして接続口を設置する必要があるので、 業者へ依頼して電気工事をする必要があります。通常シーリングライト用の接続口が設けられていれば、天井の接続口とシーリングライト部の接続口を合わ せて、カチッと音がする位置まで回してしまえばそれで設置は終了です。天井に手が届くように脚立だけを用意すればほとんどの人は自分で設置することが 出来ます。気を付けるのは重たい製品だと天井補強がいる場合があるという点です。注文住宅等で建築している場合で、重たい照明を設置しようとする場合 は業者に先に確認することをお勧めします。