CARAN カラン 京都のお洒落な照明屋さん

マイページ お買い物ガイド 会員登録
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

PAGE TOP

全体照明としてのシーリングライト
全体照明としてのシーリングライト

キッチンは、食材を切るなどの細かい作業をする所でもあるので、手元灯があると作業がやりやすくて大変便利です。しかし、手元灯だけではキッチン全体の明るさが確保できませんから、全体照明としてのシーリングライトの取り付けが必要になるでしょう。シーリングライトには、さまざまなメーカーからさまざまなバリエーションの製品が発売になっており、選択に迷うほどです。こそで、キッチンに取り付けるシーリングライトとして、どのような物を選択すれば良いのか、考えてみましょう。まず、形状としては円形でも矩形でも、キッチンの形状やインテリアのテイストに合わせて選択するとよいでしょう。ただし、円形の場合は広く全方向に光が拡散するのに対して、矩形の場合は隅角部などに暗がりが出来る事がありますので注意が必要です。全方向に光が広がる方がいい場合には、円形を選択されるとよいでしょう。光源としては、今からであればLEDタイプの光源を選択したい所です。LED光源は、省エネルギー性に優れますし、長持ちするので、器具代は弱冠高いものの、トータルで考えたコストはとても経済的になります。また、リモコンなどが付いている製品もありますので、好みに応じて選択しましょう。

消費電力は蛍光灯と比べても三分の一から四分の一程度
消費電力は蛍光灯と比べても三分の一から四分の一程度

戸建などの住宅を新築するのは、楽しいものです。インテリアのテイストや、外壁のカラー、照明器具のデザインなどを自由に選択する事が出来ますので、選ぶ楽しみもあります。特に、照明器具などの住宅設備については、最新式のものが選択出来るので、省エネルギー性能の高い器具を取り付ける楽しみもあります。例えば、キッチンの照明器具については、手元灯の他にも全体照明として、シーリングライトを取り付けると良いでしょう。省エネルギー性能や、照度や色温度のコントロール性能を考えれば、やはり今ならLEDタイプの照明器具を選択したいところです。LEDタイプのシーリングライトは、高寿命かつ低消費電力のLED光源を使用していますので、消費電力は蛍光灯と比べても三分の一から四分の一程度です。また、通常の使用状態であれば、10年程度は持ちますので、トータルで考えたコストはとても経済的なものとなります。キッチンのシーリングライトとしては、新築の場合は特にLEDタイプのものが有力な候補となるでしょう。LEDタイプのシーリングライトは、十分な照度が確保できて、コントロールも出来るので、明るいキッチン作りにきっと役に立つことは間違いないでしょう。

誰でも簡単に交換する事が出来ます
誰でも簡単に交換する事が出来ます

キッチンの照明器具には、さまざまな種類があります。キッチンでは、食材を切ったり炒めたりといった、細かい作業がありますから、手元灯はあった方が良いでしょう。キッチンの手元灯は、メーカー製品のシステムキッチンであれば、シンクの真上あたりにあらかじめ取り付けられていることが多いと思います。しかし、いくらキッチンとはいえ、手元灯だけでは食事を盛り付けたり配膳したりといった場合に十分な明るさを確保出来ませんので、シーリングライトによる全体照明も必要となります。シーリングライトは、天井の照明器具用のコンセントに、専用ソケットで取り付けてあるケースが多く、誰でも簡単に交換する事が出来ます。まず、シーリングライトのカバーを外しますが、これは円形のシーリングライトであれば、回転させるだけで簡単に外す事が出来ます。矩形のシーリングライトであれば、金属製のピンで固定されている事が多いので、強く引っ張ると簡単に外す事が出来ます。あとは、光源の付いている照明器具本体をソケットから外せば、簡単に交換する事が出来ます。高いところの作業になりますので、脚立などを使用する事になると思います。転倒などの事故に十分注意しましょう。