CARAN カラン 京都のお洒落な照明屋さん

マイページ お買い物ガイド 会員登録
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

PAGE TOP



LED照明器具(シーリングライト)の比較のポイントとは?
LED照明器具(シーリングライト)の比較のポイントとは?

 シーリングライトとは、一般に天井に取り付ける照明器具のことをいいます。シーリングライトの種類は主に従来の蛍光灯を利用したものとLEDを用いたledシーリングライトのとの2種類に分かれます。従来の蛍光灯を使用したものとledシーリングライト 比較してみると、ledシーリングライトの方が消費電力が少なく、寿命も長いため、お値段は張りますがメリットは大きいです。ledシーリングライト 比較して買う際には、その明るさに気をつけた方が良いでしょう。一般にLED照明は省電力で長寿命であるかわりに、その光度はあまり高くありません。部屋の大きさや天井の高さにもよりますが、あまり光度の低いものを選ぶと部屋の雰囲気が暗くなるだけではなく、作業効率の低下や視力の低下も招きますので注意しましょう。また、照明は部屋の印象を決める大切なインテリアですから、デザイン性も大切です。各メーカーで出されているledシーリングライト 比較して、あなたの部屋にあったものを選びましょう。各メーカーで様々な形・大きさをしたものが販売されています。LED照明の色は昔は寒色系統のものが主流でしたが、現在では、暖色系統の色のものも多く販売されています。LED照明の色や形によって部屋の雰囲気もガラッと変わりますので、よく検討したうえで選択していくのが良いでしょう。

LEDのシーリングライトを買い換えについて
LEDのシーリングライトを買い換えについて

 部屋の天井に取り付けるシーリングライトは、従来光源に環形の蛍光灯を使用しているものが主流として普及していました。しかし、LED照明の技術が進んだり、省エネルギー化の社会の流れを受けて、led照明を使用したledシーリングライトがだんだんと普及してきました。従来の蛍光灯を光源としたシーリングライトとledシーリングライト 比較して、大きく違う点はledシーリングライトの方が長寿命であり、省電力であることです。そのことから、従来の蛍光灯を使用したものからledシーリングライトへと買い換える人は多くなってきています。ledシーリングライトに買い換える際には価格だけではなく、機能性やデザインにも気をつけて買い換えましょう。各メーカーで出されているledシーリングライト 比較してみると、さまざまな価格帯の商品がでています。LED照明の場合蛍光灯と違って、自動的に調光・調色が可能なことがメリットです。調光・調色ができることによって省電力で部屋の状況にあわせて使用できます。低価格帯の商品の中には調光・調色ができないものもありますので、本体の価格だけではなく、電気代も考えた上で選ぶようにしましょう。また、買い替えの時期にも注意が必要です。部屋にもともとついていたシーリングライトの寿命がきていないうちにLED化するのはもったいないので、使い切ってから買い換えるようにしたほうが良いでしょう。

シーリングライトのLED化について
製品のバリエーションも多いため、インテリアとのコーディネートが簡単

 シーリングライトの「シーリング」とは「天井」という意味で、シーリングライトとは天井に取り付けて使用する照明のことをさします。このシーリングライトはこれまで中に蛍光灯を用いたものが多く使用されてきましたが、現在はLED照明を用いたものが普及してきています。2010年にLED照明を用いたものが発売され、2012年には蛍光灯を用いたシーリングライトを上回る販売量を記録しました。蛍光灯を用いた従来のシーリングライトとledシーリングライト 比較してみると、LED照明を用いたもののほうが消費電力が小さく、照明自体の寿命も長くなっています。また、蛍光灯は細かく明るさを調整したり、色を調整したりすることができませんが、ledシーリングライトは環境光センサーを搭載し自動的に光を調整する機能のある製品が多くなっています。市場に出回っているledシーリングライト 比較してみると、各メーカーから様々な製品が出されていることがわかります。各メーカーがしのぎを削ってledシーリングライトを開発し、一般家庭への普及を広めようとしているのです。また、近年の省エネルギー化推進の社会の流れからいってもシーリングライトのLED化がますます進んでいくことは間違いないでしょう。